STEADY エアロバイク・フィットネスバイクのレビュー

エアロバイクSTEADY

コロナ禍になり、なかなか運動が思うようにできない!なんて人は多いと思います。
そこで今回紹介するのはフィットネスバイクの「STEADY」です。
購入まで色々ネットで調べました。主にFITBOXと比べました。

発送重量は26㎏ 梱包サイズ23×80×113(cm)
配送

STEADY実体験レビュー

STEADYの評価
価格
(5.0)
組み立て
(4.5)
デザインの美しさ
(4.0)
性能
(4.0)
静音
(4.0)
総合評価
(4.5)

データで見るSTEADY vs FITBOX

ふたつも同時に手元に置けるほど部屋の広さも経済的に余裕がないので、購入前はひたすらデータを見比べました。
結論、STEADYのほうが全て勝利しています。
デザイン性については、好みもあると思いますのでどっちがいいとかは言えませんが、FITBOX LITEのほうがぱっと見カッコいいなと思いましたが、デザイン重視で選ぶつもりはないのと、この二つそんなにデザインも変わらないです。実際にSTEADYが届いてからは愛着がでてきてほぼ毎日漕いでます。
FITBOXは「エアロバイク」「フィットネスバイク」で検索するとすごく広告が出てきたので、知っている人も多くいると思います。私もSTEADYを知るまではFITBOX一択でした。

2021年12月調べ STEADY FITBOX  LITE 結果
価格 23,900 29,800 STEADY
耐荷重 120kg 100kg STEADY
重量 25kg 26kg STEADY
連続使用時間 100分 90分 STEADY
保証 30日間は自分都合でも返品可能+1年間保証 1年間保証 STEADY

なぜSTEADYを選んだのか?

ズバリ、価格と保証、そしてFITBOXよりもデータ上で優れていたからです。
組み立てなんてどれも似たようなもんだろうし、実際に使ってみてダメそうだったらすぐに返品してFITBOXに買い替えればいいやくらいに思ってました。

箱から出してみる

6畳の部屋の端っこのスペースしかなく、なんとかそれでも組み立てることができました。
組み立て時間:およそ30分程度。
狭いこともあり、持ち上げた状態で下部のボルトを止めるなどはちょっと大変でした。
スペースをちゃんと確保できれば女性一人でも組み立ては可能かなと思います。

STEP.1
上を開封
STEADY上を開封
STEP.2
横を開封
STEADY横を開封
STEP.3
中身を出す
この時に必ずパーツ毎に分け、ちゃんと部品が揃っているか確認してください。
中身を出す
STEP.4
組み立て完了
組み立て完了

使ってみて

なんといっても、省スペースでおけるのが嬉しいです。
幅52cmは本当にすごいです。
パソコン机2こ、布団敷いても、6畳の部屋の端っこに 幅52㎝×長さ110cmあるだけでいいですからね。

気になったところ

  • 負荷を上げることで音が鳴る。基本イヤフォンしながら漕いでるので普段は気にならないですが、重くすればするほど音が鳴ります。
  • サドルが若干硬い(これは別途ショップに伝えれば柔らかいサドルを送ってくれるそうですが、体重軽くなればいいだけ!と私は頼んでません。)

使い始めて3ヶ月ですが、朝起きたら15分、仕事が終わって30-1時間利用
23,900円以上の価値はあります!
気になった方はぜひ、STEADY購入を以下からどうぞ。